神智学の海

ジャッジ著

1章

1章 神智学と大師たち THEOSOPHY AND THE MASTERS 神智学は知識の大洋であり、感覚のある生物の進化という陸地から陸地へと広がっている。最も深い部分は計り知れず、偉大な知性の持ち主たちにその最大限の広がりを与えるが、岸辺近くの浅瀬は子供にも理解で…

目次

CONTENTS 序文 新版の序文 1章 神智学と大師たち 2章 法則概略 3章 地球連鎖(地球チェーン) 4章 人間の七本質 5章 肉体とアストラル体 6章 カーマーー欲望 7章 マナス 8章 輪廻について 9章 輪廻転生 10章 輪廻の論証 11章 カルマ 12章 カーマローカ 13章 …

新版の序文

かれこれ22年ばかり前に『神智学の海』の初版本が、著者のW・Q・ジャッジにより出版された。あれから神智学を扱う本が何千も、ほぼすべて神智学の優れた学徒によって出版されたが、残念なことにどの本も、一般人には知識と理解と明白にわかる範囲を提示して…

序文

この本は、一般の読者に理解できるように神智学の内容を書いた試みである。太字の著述は著者の知識に基づくものだが、同時に著者だけがそこに書かれたことに責任を負うものであることをはっきりと理解されたい。神智学協会は、本の中で述べられているいかな…