読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モリヤの庭の木の葉Ⅱ 光明

『モリヤの庭の木の葉Ⅱ 光明』の日本語訳です

14

 雲が集まっているが、朝の星が昇る。

広告を非表示にする

13

 人それぞれに自分の目標がある。霊に適合している道を私は与える。その道を通って人は変質した世界に入るだろう。その世界ではすべての土地で心がくつろいで暮らす。

 悲しみが視覚を鋭敏にする時、霊は飛ぶことを習得する。無限なものの悟りの光線は、与えられた善を明るく照らす。この世の道と翼の道がある。識別して、選べ。

広告を非表示にする

12

 捧げもの、捧げもの、捧げもの! その後で受け取り、その後に霊の勝利だ。

広告を非表示にする

11

 我々の秤の上では、霊の骨折りはそれ以外のものよりも重い。人生における成功は、達成の祈りの電気によってのみ強められる。

 霊の教えは体の甲冑をつくる。世界の稲妻を放ってから、冬の到来のために新しい本にとりかかれ。

 私は君に、未来を賢明に理解することを教える。成功は私の人々について来る。

 君は私の里程標に賢明に従わねばならない。

 

広告を非表示にする

10

 君たちを奇跡の現れにより結びつけたきずなを知らねばならないと、師匠は注意する。

 君たちの靴ひもには長い旅のために素晴らしい麻の繊維が結んである。

 過去と同じように、未来も用意されているだろう。

 運命づけられた出会いをやめることは不可能である。

 人生という本のページに送られるものは、多すぎて数えきれない。

 このように、すべてが用意されている。だが私の織物を引き裂くな。

 愚行のつむじ風は私が送った最良の計画を吹き飛ばしてしまう。世界に現されるために授けられた宝物を散乱させてしまうべきではない。

 劣った者でいることは許されない。

 最初の戦闘の後に勝利を祝うほうが、地下をさまようより良い。

 したがって私は言う、一緒に歩け、そして君たち自身を一つの盾で守れ。怒りのほこりを生じることなく、それぞれに自分の息をきれいにさせよう。そして献身の花々を集めながら、君たちは「私の道」が有益であることを理解するだろう。

 私が無理やり導くことがあろうか。我々は「強制」と同盟を結んではいない。

 だが私たちが一緒に歩んでいるとすれば、助言せずにいられようか! したがって私は言う、もっとよく考えてつまずくな。

広告を非表示にする

9

 教えはもっとよく理解されるべきである。教えは臨機応変に応用されるべきである。

 小さい石に微笑め!

広告を非表示にする

8

 師匠の現れは覚えておかねばならない。盾は清らかにしておかねばならない。

 私はあらゆる防御を送る。私はあらゆる可能性を送る。ただしそのための導管をしっかり守れ。

 狂った群衆の中で霊の火を覆い隠せ。私の本を読み、不幸の声々を恐れるな。盲目の者たちには、君に明かされることがわからないのだから。

 君のために言っておこう、私の名前をもっと頻繁に呼び起こせ。死んだように活気のない国々を見るのが楽しいと思うか? 偽りの世界の没落を注意して見よ。偽り、偽り、偽りーーなくなれ!

広告を非表示にする